So-net無料ブログ作成
検索選択

「空の産業革命」ドローンとは?ちょっとした基本知識! [経済]

ドローン(小型無人機)について、何か記事がないか調べたところ、
ドローンを研究している、一般社団法人日本UAS産業振興協議会の、
鈴木真二理事長(東京大学工学部教授)が、語っている記事があったので、
見てみました。

ドローンは、もともと軍事訓練の際の、標的として利用されていました。
それに、カメラを付けて簡単な偵察にも使われ始めました。
その後、GPS・ビデオカメラが搭載され、
本格的な偵察機に進化していきました。

今では、アメリカ軍のグローバルホークのように、
ジェットエンジンとミサイルを積んだ、小さい戦闘機にまでなりました。

民間利用では、おもに農業に活用され、農薬散布機として、
使われています。今後は、幅広く作物の管理にも利用されそうです。





ドローンの技術は、携帯電話などの通信技術と一緒に進んでいます。
携帯電話に使われる、軽くて容量のあるバッテリーや、
ジャイロセンサー、GPSなどの技術が一般化したおかげで、
ドローンにも安く搭載できるようになりました。

フランスパロット社が販売したARドローンは、
iPhoneなどで操作できるもので、これがヒットしたおかげで、
ドローンは、一般に認知されるようになりました。

中国DJIという会社から、ファントムというシリーズが発売され、
空撮がきれいにできることから、動画サイトなどで話題になり、
さらにドローンは広まっていきました。

しかし、日本では法整備もされていなかったことと、
大手の参入も無かったことで、アメリカ・フランス・中国といった、
国々から遅れを取っています。


2015年に、小型無人機に関わる法律が、整備されたことと、
海外から来る情報などに後押しされ、日本でもドローン産業に、
注目が集まっています。

ドローンの活用法としては、空を飛ぶ配達、工事現場での測量、
農薬散布、トンネルや橋などの点検、空撮などあります。
また個人の趣味としてレース、空撮などレジャーとして使われています。

他の技術とリンクしたり、応用・複合して使うなどすれば、
アイディア次第で、ますます可能性は広がっていきそうです。
あなたも何か考えてみては、いかがですか?


こちらもどうぞ
テラモータース、ドローンはじめるってよ。その名もテラドローン。



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。