So-net無料ブログ作成
検索選択

ジカウイルス検査で遺伝的変化が判明した [生活]

南米を中心に感染が広がっているジカ熱ですが、
15日、専門誌「セル・ホスト・アンド・マイクローブ」に、
掲載された研究論文によると、1947年以降、ジカウイルスは、
大きな変化と遂げているそうです。

アメリカ中国の研究者によると、ジカウイルスを
人間から30種、蚊から10種、猿から1種採取して比較したところ、
アジア系統アフリカ系統のウイルスの間に、
アミノ酸ヌクレオチド配列に、著しい違いがあったそうです。


hospital03_b_08.png


人間から採取したジカウイルスは、遺伝子的にみると、
1968年にナイジェリアで発見されものより、
1966年にマレーシアで発見されたものに、似ているそうです。

よって、現在、発生しているジカウイルスは、
アジア系統のウイルスが進化したもののようです。

また2015~16年に、人間から採取したジカウイルスは、
2013年にポリネシアで流行したウイルスと最も近かったそうです。

--------------------------------------
スポンサーリンク


--------------------------------------

研究チームは、アフリカ系統とアジア系統のジカウイルスは、
「prM」というタンパク質が大きく異なる事を発見したそうです。

このようなジカウイルスの変化が、南米で感染者を増やしている、
原因のひとつと考えられるとしています。


これまでは、ジカウイルスが、小頭症の原因となるとは、
知られていませんでした。現在でも正確にメカニズムの、
解明はできていません

ワクチンの開発も数年先になると予測されています。


こちらもどうぞ
ジカウイルス感染者は性交渉を控えるべき?待機期間は? 
小頭症だけじゃない、ジカウイルスは神経系を侵すかもしれない



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。