So-net無料ブログ作成

熊本地震火事場泥棒か!?窃盗被害が増加!対策は? [社会]

熊本地震が起きて、住民が避難した地域を狙う窃盗が起きているようで、
警察への被害相談が増えいています。
いわゆる火事場泥棒が、熊本地震にも出てきました。

警察は火事場泥棒対策として、私服捜査員覆面パトカーを、
投入してパトロールを強化するとのことです。


samu_04_b_r22_c50.png


熊本地震では、大地震が相次いで起きて、各地で住民が、
避難所に避難しました。


18日の朝の時点で、県内638ヶ所の避難所に、
10万4900人が避難しているそうです。

この混乱に乗じて、火事場泥棒が、被災地の住宅や事務所を荒らして、
窃盗をしていると、警察に通報が20件入っているそうです。


道路が寸断されて、住民が避難した地域では、
いまだに無人状態なので、仮に泥棒が入っていても、
誰も気づいていないケースもありえます。

警察も、こうしたケースを想定していて、
パトロール活動の強化と、移動交番の配置するそうです。

--------------------------------------
スポンサーリンク


--------------------------------------

東日本大震災の時も、火事場泥棒が現れました。
あまり表沙汰にはなりませんでしたが、
津波で被害を受けた地域では、空き巣が多発していたようです。

うわさによると、他の地域からやって来たとか、
某外国人だとか、物騒な話が出回っていました。

熊本出身のものまね芸人のコロッケさんは、
ブログで、火事場泥棒は絶対許せない!と怒りを表しました。


人が生きるか死ぬかの瀬戸際で、恐怖の中、着の身着のまま避難した、
無防備な状態の留守宅を狙うとは、卑怯な行為です。

被災者は、この先のことを考えるだけでも、
多くの心配事を抱えています。

火事場泥棒の人は、金銭を盗むのではなく、
いくらか置いてくるような気持ちを持って欲しいです。



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。