So-net無料ブログ作成
検索選択

J1鹿島の小笠原・植田ら6選手が熊本の避難所慰問 [スポーツ]

サッカーJ1鹿島アントラーズ元日本代表MF小笠原満男選手
U―23日本代表DF植田直通選手選手会長のDF西大伍選手ら6選手が、
熊本に行って、地震で被災した人達へボランティア活動を行ったそうです。

Jリーグは、シーズン中なので、試合と練習が続いていましたが、
クラブの了承を得た上で、スケジュールの合間を見つけて、
被災地支援活動に向かったようです。


img01.gif


DF植田直通選手は、今回大地震が起きた熊本県宇土市出身です。
植田選手は、東日本大震災で積極的なボランティア活動を続けている、
小笠原選手に、「(被災地の為に)何かしたい」と相談したそうです。

選手会長の西選手を交えて、クラブ側と交渉した結果、
安全第一という条件で、18日のオフ日に熊本での支援活動の許可を得ました。


鹿島の有志6選手は、17日の午前練習後に、成田空港から福岡を経由して、
レンタカーに救援物資を詰め込んで、熊本入りをしました。
17日の午後と翌18日に、避難所を慰問するなどの支援活動を行ったそうです。

鹿島の有志6選手は、19日の午前10時から練習があるため、
18日の最終便で成田空港に戻りました。


1泊2日の支援活動でしたが、Jリーグのシーズン中に、
現役選手が被災地でボランティア活動をするのは、異例なことなんだそうです。

--------------------------------------
スポンサーリンク


--------------------------------------

24日に、ホームで柏戦があるそうなので、試合で良いパフォーマンスを発揮して、ボランティア活動に批判が集まらないように頑張って欲しいです。

プロのスポーツ選手なので、試合で結果を出すのが第一に求められます。
プロのスポーツ選手なので、その行動は世間の注目を集めます。

社会に影響を及ぼす立場の人間として、賛否はあるとしても、
困難な状態にある人を助けるという行動を選択をした、鹿島の選手たちと、
ボランティア活動を許可したクラブは、尊敬に値すると思います。

誰かが口火を切れば、次に続く人も必ず現れます。
被災地の復旧は、長期戦です。

現場の混乱もいまだに続いていますので、緊急の支援は最も必要ですが、
それ以外の長期的なボランティア活動も必要とされます。

日本は、天災が多い国ですが、お互いの助け合いさえできれば、
負ける事はありません。


↓鹿島アントラーズHP
http://www.so-net.ne.jp/antlers/


こちらもどうぞ
サッカーリオオリンピックの組み合わせ結果発表!



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。